模型

収益物件は運営が命|黒字続きにするノウハウを学ぼう

リスクを考える

コイン

不動産投資が上手くいっているうちは満室ですから、将来空室が出るなど夢にも思いません。しかし、あちこちで建設されているアパートなマンションを見ると、いつ空室が発生してもおかしくない状況なのは確かでしょう。賃貸のメリットは一戸建てと違い手軽に住み替えができることにあります。そのため、新しい物件ができるとそこに人が集まってしまうのは仕方がないのです。不動産投資で頭を悩ませるこの空室をカバーできる方法としては一括借り上げでしょうか。この先もずっと不動産会社が空室保証をすると思えば、やってみる価値は十分ありそうです。しかし、本当に一括借り上げが安心できるものなのか、リスクを踏まえた上で検討すべきかもしれません。一括借り上げの仕組みですが、オーナーが所有するマンションやアパートを不動産会社が借り上げをし、その物件を転貸することを指します。先ほど挙げた空室保証は、不動産がしっかりと行なうものの、通常運用よりも貰える賃料が下がってしまうのが少々ネックです。

一括借り上げのメリットは空室のリスクを軽減できる事ともう一つ、オーナー自ら管理をしなくて済むことです。一括借り上げがなされた物件は掃除や部屋のメンテンナス、入居者の募集の手続きも一環して不動産会社が行ないます。近年は退去後のリフォーム費用ゼロ円にする会社も増えており、昔よりもオーナーの負担が少なくなったと感じます。リスクとしては、賃料の値下げによる収入減でしょうか。また解約時にもいくつかのトラブルが報告されていますが、しっかりと対応できる不動産会社ならこのような事態に発展することはありません。